浅草東武ホテルハローキティカフェメニューGW限定桜香るドリンクやスイーツの詰め合わせフットストック・オリジナルズの新ラインBOOTLEGスニーカー2型ステュディオス限定で

2022年05月29日

エイチシータカシイトウ2022年春夏コレクションパンクファッションを自由に再解釈

(HxCx takashi ito)の2022年春夏コレクションが発表された。パンクファッションを自由に“再解釈”エイチシー タカシ イトウ 2022年春夏コレクション - パンクファッションを自由に“再解釈”|写真51に自由な発想を加え、既成概念にとらわれない新たなスタイルを提案してきたエイチシー タカシ イトウ。今季は“パワーポップ”をコンセプトとし、パンクなスタイルの中にポップさやストリートのエッセンス、エレガントな要素をバランス良く組み込んだ。“パンク”と“反パンク”の融合エイチシー タカシ イトウ 2022年春夏コレクション - パンクファッションを自由に“再解釈”|写真1たとえば、パンクファッションの代名詞とも言えるレザージャケットやダメージジーンズには、ホワイトとパステルブルーの爽やかなTシャツをオン。デニムも裾をすることで、クリーンなイメージをプラスしている。赤×黒ボーダーやレオパード柄でロックにエイチシー タカシ イトウ 2022年春夏コレクション - パンクファッションを自由に“再解釈”|写真35パンクファッションの中に、パンクと相反するイメージのアイテムを取り入れる手法はシャネル指輪コピー他にも。ロックテイストの赤×黒のボーダー柄インナーに合わせるのは、本来ルイヴィトンイヤリングコピークラシカルなアイテムである。肩部分にはレオパードをあしらい、優等生の雰囲気を一蹴した。切りっぱなしの裾のディテールも、過激な世界観を引き立てている。ストリートカルチャーとパンクの融合エイチシー タカシ イトウ 2022年春夏コレクション - パンクファッションを自由に“再解釈”|写真37さらに、80・90年代のストリートカルチャーを想起させるスタイルも特徴的。オーバーサイズのネルシャツやニットカーディガン、ーなダウンベストにデニムを合わせた飾らないファッションは、若者たちのを垣間見ているよう。もちろん、付きのベルトや髑髏マークのワッペンなど、随所にパンクのエッセンスも感じられる。エレガンスをプラスする小物使いエイチシー タカシ イトウ 2022年春夏コレクション - パンクファッションを自由に“再解釈”|写真19コーディネートにアクセントを加える小物使いにも注目だ。Tシャツとデニムのストリートルックには、首元に上品なをオン。エレガントなのショルダーバッグも、ラフなスタイルの中でひときわ異質な存在感を放ち、コレクションにリズムを与えている。

ao8f3d at 13:45│Comments(0)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
浅草東武ホテルハローキティカフェメニューGW限定桜香るドリンクやスイーツの詰め合わせフットストック・オリジナルズの新ラインBOOTLEGスニーカー2型ステュディオス限定で